100本のスプーン

今日のメニューは子供たちの気分次第

『はじめてのおつかい、はじめてのコース料理』

開催日時 2018.2/24(土)2018.2/25(日)
AZAMINO GARDENS

自分の子供が「はじめてのおつかい」に挑戦する。
そんな日の食卓はきっと家族にとって忘れられない1日になるんじゃないかと。
そのような意図と、想いを込めて企画をしてみました。

イベントの内容を紹介させていただきます。

1.まずはメインディッシュを決める

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは家族で話し合って今日のメニューを決めます。
それから、買い物リストをみんなで一緒につくります。

 

2.エプロンを着て、おつかいスタート!
準備ができたら、エプロンを着て、お買物袋とお財布を持って、いざ出発。

子どもたちが行くのは『100 本のスプーン』からも見える、あざみ野ガーデンズ内のスーパーマーケット。

スタッフも見守りながら、お買い物をサポートします。

ママとパパはお店で待機して、映像で「おつかい」の様子を見守ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勿論、「はじめて」なのでなかなかうまくはいきません。
怖くなってしまったのか泣き出してしまう子もいれば。
緊張していたのか途中でトイレに行きたくなってしまう子や、
牛挽肉をお願いしたのに、牛タンを買ってくる子もいたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、大丈夫。
ちゃんとママとパパも画面越しに見守っています。
お願いしたものと多少違うものを買ってきてしまっても。
レストランにはシェフがいますから、即興で調理をしてくれます。

 

3.シェフに食材を渡して、はじめてのおつかい完了!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店に戻ってきたら、シェフに食材を自分たちの手で渡します。
あとはテーブルに戻って、ご家族と一緒に料理ができるのを待ちます。

 

4.家族で食べるコース料理。さあ、いただきます!

おつかいで買ってきた食材が使われたコース料理をご家族でお楽しみいただます。

いつもは野菜が苦手な子なのに今日は野菜をモリモリ食べている様子に、

びっくりしているお母さんも。

自分で買ってきたものだから、いつもより美味しく感じられるのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おつかい」の話を自慢げにする子供たちと。
それに耳を傾けながら「すごいね」と褒めるママとパパ。
素敵な家族の風景に立ち会うことができました。

 

食材の鮮度や、調理のひと手間、一緒に食卓を囲む人たちとの会話など。
食事の時間を豊かにする要素というのは沢山あって。
その一つ一つに丁寧に寄り添ったり、時には演出するのが私たちの仕事なのだと。
そんなことを改めて感じる1日となりました。